日本一の星空が楽しめるスタービレッジ阿智村、阿智村商工会公式サイト。昼神温泉や花桃まつり、治部坂高原など。お問合せ:0265-43-2241

阿智村商工会

阿智村商工会は会員企業とともに時代を歩み続けます。

阿智村は豊かな自然と長い歴史、豊富な文化あふれる村です。長野県の南部西端に位置し、恵那山を境に岐阜県と隣接しており、産業は商業・工業・観光業のバランスがとれ、住民とともに活気溢れる街づくりを進めています。
阿智村商工会は商工業各業種ごとの事業推進とともに、平谷村、根羽村の各商工会との広域連携により幹事商工会として下伊那西部地区の広域事業にも取り組んでおります。

商工会員が使いやすい「小規模事業者持続化補助金」募集が始まりました。

ただいま公募中!めきりは平成29年1月27日(金)です。

平成28年度補正予算「小規模事業者持続化補助金<一般型>」公募お知らせ

これなら使える!上限50万円の小さな事業者(小規模事業者)のための小さな補助金です。

この補助金は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者の地道な販路開拓(創意工夫による売り方やデザイン改変等)などの取り組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。
この補助金の公募受付をただ今受付中です。

公募要領(PDFファイルです)

申請書様式(WORDファイルです)

阿智村商工会では今までにのべ69事業所がこの補助金に採択されました。初めての方はもちろん、過去に採択された方も前回不採択だった方も、ぜひ積極的にご活用ください。阿智村商工会ではこの補助金を申請から実施、実績報告まで全般にわたり支援いたします。

本事業は全国商工会連合会との委託に基づき、各都道府県商工会連合会に設けられた事務局が実施するもので、長野県の商工会地区については長野県商工会連合会が事務局となっています。

(平成28年11月14日更新)

「分野別専門支援」のお知らせ

商工会では全県に経営に関わる課題の「分野別」の専門家を配置して会員の皆様への支援を行っています。

商工会の会員の皆様の業種は様々ですからそれぞれの業種で専門的な課題があります。商工会ではその中でも特に課題解決の希望が多い分野に精通した人材(上席専門経営支援員)を配置して地元商工会と連携して課題解決にあたっています。

対応している「分野」
・製造業
・事業承継
・観光業
・商業
・販路開拓(新規取引)
・創業
・海外展開(輸出入)

各専門支援員のプロフィールや得意分野は「詳細はこちら」をご覧ください。

商工会報あち

商工会報あち

最新号

第86号(平成27年3月20日発行)※新年祝賀会、大村昆講演会、商工祭の様子など

 

バックナンバーはこちら

阿智村で撮影された映画「望郷の鐘 満蒙開拓の落日」を応援します。

阿智村商工会は映画「望郷の鐘 満蒙開拓の落日」を応援しています。

boukyou_flyer.jpg 阿智村で2014年7月から8月にかけて撮影された映画「望郷の鐘」は、阿智村の名誉村民、山本慈照さんを主人公にして、戦争中に満洲へ送り出された満蒙開拓団の悲劇を描いています。

主演:内藤剛志 出演:渡辺梓、星名優里、山口馬木也、磯村みどり、勝又さゆり、内藤洋介、仁科貴、常盤貴子

監督:山田火砂子
原作・脚本:和田登(原作本:しなのき書房)
プロデューサー:国枝秀美
撮影:長田勇市
美術:丸山裕司

製作:株式会社現代ぷろだくしょん

公開:2014年秋

阿智村商工会ではこの意義深い映画を、村の文化的歴史的意味からも大切なものと考え、その制作から上映まで可能な限り応援をしています。

映画「望郷の鐘」公式サイト
http://www.gendaipro.com/bokyonokane/

映画「望郷の鐘」制作発表の様子
http://enterminal.jp/2014/04/bokyonokane/

阿智村「満蒙開拓平和記念館」公式サイト
http://www.manmoukinenkan.com/

小規模企業共済のおすすめ

節税をお考えの商工業者の皆様へ小規模企業共済をおすすめします。
shoukibokigyoukyousai.jpg

この共済は事業主のための「退職金」制度。

経営者、事業主の皆様が退職後、ゆとりのある生活をするための共済。それが小規模企業共済です。この共済制度に加入して毎月掛金を納付すれば、退職時(事業承継や廃業時なども含む)に共済金が支払われ、現役引退後も安心した生活設計が立てられます。

印紙税が変わります。

「領収書」などに貼る印紙税が変わります。

現在(平成26年3月31日以前)は、受取金額3万円以上ですと収入印紙を貼って印紙税を納めていますが、平成26年4月1日からは5万円以上に変更となります。つまり、印紙税の非課税範囲が3万円未満から5万円未満になる、ということです。

詳しくは下記の国税庁ホームページのチラシをご覧ください。
チラシ「領収書等に係る印紙税の非課税範囲が拡大されました」

ご不明な点は阿智村商工会 (電話0265-43-224)までお問合せ下さい。

阿智村商工会館 全館禁煙のお知らせ

阿智村商工会館は全館禁煙となりました。

商工会では、長野県から「商工会館のような多数の者が利用する公共的な空間については全面禁煙することを原則とし、適切な受動喫煙防止対策を講ずるように」と求められていることを考慮し、商工会館内を禁煙とすることとしました。

なお喫煙場所を屋外玄関横に儲けましたので、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

(平成25年3月26日)

記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大されます

平成26年1月から、記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大されます

個人の白色申告者のうち事業所得、不動産所得または山林所得を生ずる事業を営んでいる方はすべて、平成26年1月から、記帳と帳簿書類の保存が必要となります。

従来、個人の白色申告者で「記帳と帳簿書類の保存が必要」とされる方は「前々年分あるいは前年分の事業所得、不動産所得または山林所得の合計額が300万円を超える方が必要」とされてきました。

しかし平成26年1月からはこれらの事業を行うすべての方が必要となる、ということです。

記帳・帳簿等の保存制度や記帳のやり方などの詳細は、商工会へご相談いただくか、国税庁ホームページ http://www.nta.go.jp を参照ください。また詳細につきましては飯田税務署個人課税部門 電話 0265-22-1165 までお問合せ下さい。

また、「この際、青色申告を始めるか」という方は、お早めに商工会へご相談下さい。